« 給食のパン | トップページ | ひなまつり »

2006年3月 2日 (木)

代替医療の事

昔は民間療法として片づけられてきた代替療法や免疫療法が、なんとなく話題になる事が多くなって来たような感じがします。病気になった部分を取り除く西洋医学だけでは治せない病気もある事が少しずつ患者さんも分かって来ているように思います。体のバランスを取り戻し治癒力を高め代替医療を取り入れる施設が今少しずつ増えているそうです。私が入院した時とても感じの悪い先生と意地悪な看護士さん達でした。人として医者として言ってはいけないような言も沢山言われました。私は患者さんを心から大切にしてくれる病院が出来るといいなーと思います。

 

|

« 給食のパン | トップページ | ひなまつり »

コメント

こんにちは。
さかなさん、嫌な病院にあたっちゃったんですね。いばってる医者とか、今でもけっこういるようで・・・。患者の心のケアも考えてくれる病院が理想的なんですけどねぇ。
私が今行っている病院は、その点は悪くありません。先生方がいつも急がしそうで、普段あまり話せないのが不満ではありますが、一般病棟だと、大抵そうでしょうから仕方ないですね。

がんに効くといわれている健康食品について、厚生労働省が、まともに検証しようとしてくれてるみたいです。

http://www.asahi.com/life/update/0217/001.html

今がんにかかっている患者は、そういう情報、一刻も早く知りたいんですよね。今後のためにも、どんどんやって欲しいですね。

投稿: yue少納言 | 2006年3月 3日 (金) 12時22分

ドクハラ(ドクターハラスメントの略)という言葉もあるほどなので、医師の言葉の暴力は多いのでしょうね。
不安定な心理の癌患者。同じ気持ちになれといっても難しいかもしれないが、考えてほしいですよね。

投稿: きゃんべる | 2006年3月 3日 (金) 15時58分

yue少納言さん情報有り難うござます。先生方とお話ができることって患者の心がなんとなく安心しますよね。yue少納言さんがうらやましいなー。早速アクセスしてみまーす。

きゃんべさんドクハラって言葉あったんですか。知らなかった。ひとつ勉強になりました。

投稿: さかな | 2006年3月 3日 (金) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33101/895424

この記事へのトラックバック一覧です: 代替医療の事:

« 給食のパン | トップページ | ひなまつり »