« 代替療法の弱点? | トップページ | 給食のパン »

2006年2月28日 (火)

妹が出産

今日は、妹が女の子を出産しました。3,100グラムの元気な赤ちゃん(☆☆)帝王切開だったけど、上のお兄ちゃんの時よりは経過がいいようです。ちょっと懐かしい感じです。赤ちゃんは見ててあきないですね。あのきれいな肌がうらやましい。娘達はとても喜んでいるようです。私の夢は娘達とコンサートへ行くことなので早く大きくなってほしいです。

|

« 代替療法の弱点? | トップページ | 給食のパン »

コメント

おめでとうございます!
新しい生命の誕生ですね。頬ずりしたいなー、お手てにぎにぎしたいなー。画像UPまってますよー。

投稿: きゃんべる | 2006年2月28日 (火) 22時19分

妹さん、おめでとうございます!
赤ちゃんを見ていつも思うのは
「こんなにちっちゃかったっけ・・・」
昔のことすっかり忘れてしまってるんですね。
子どもは宝物です。
みんな明るく、元気に、幸せに育ってほしいですね。

投稿: くるみ | 2006年2月28日 (火) 22時56分

きゃんべるさん、ガラスごしだったので早くだっこしてみたいです。画像をやった時がないのでがんばって挑戦してみます。
くるみさん、ほんとちっちゃいですよー。子供達もあんな時があったなぁと懐かしくなりました。

投稿: さかな | 2006年3月 1日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33101/874556

この記事へのトラックバック一覧です: 妹が出産:

» すい臓がんの治療方法 [すい臓がん研究所 すい臓がんを知るためのサイト]
すい臓がんの治療の中心となるのはやはり手術ですが、手術を行なっても5年生存率は10~20パーセントと低く、しかも、1年以内に再発する率が非常に高いという特徴があります。すい臓がんの手術は、がんの広がり方によって、すい臓を部分的に切除する場合と、全部を摘出する場合とがありますが、すい臓を全部とってしまった場合、体内でインスリンというホルモンを作れなくなってしまうため、術後その人は“糖尿病”になります。すい臓を摘出した後は、生涯インスリンと、それからすい臓で作られる消化酵素を外か...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 13時48分

« 代替療法の弱点? | トップページ | 給食のパン »